diary

日々思うことや食べたものの記録。

6.19 ジェーン・スーさんの自伝ドラマ

 

昨夜のドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』、父と娘が亡き母の悲しみをようやく共有し涙をこらえながらサバランを頰張るシーンがずっと残っている。あのとき気づいてあげられなくてゴメンねという後悔は消えないがそれでも残された者は人生が続いてゆく。そんなとき好物のケーキとロイヤルミルクティーの甘みがほろ苦い胸のうちを和らげてくれたのではないだろうか。

来週最終回なのが寂しい。トキコの父への接し方から学ぶものが多かったから。